退職祝いのいろいろ

 

退職祝いのいろいろ

退職祝いのプレゼントに何を贈ればいいのかを悩む人たちも多いと思います。


退職の理由には、定年によるものや転職によるものや、結婚や妊娠などいろいろありますが、いずれの場合においても、退職祝いには花束を贈れば間違いはないと言われています。


しかし花束だけではなく、花束と一緒に品物も選ばなければいけないことも多く、花束を贈る時にも人によっては気を遣わなければいけません。


特に男性へ花束を贈る場合は、会社からの帰りのことも考えるようにしなければいけなくて、電車通勤の場合は、大きな花束を抱えて電車で移動するのはかなり恥ずかしいと思うので、お持ち帰り用の袋を付けるようにしたり、花束ではなく鉢植えを贈るなどの配慮としてあげた方がいいでしょう。


また一人暮らしの独身男性に花束を渡しても、迷惑になることもあるので注意が必要です。


しかし家族がいる場合は、花束は奥さまに喜んでもらえるプレゼントになるので、家族構成や交通手段のこともきちんと考えてあげれば問題はありません。


喜びそうなものを考えて渡す

花束以外に贈るものは、相手が喜びそうなものを考えて渡すようにするのが一番で、また最近では定年退職をする場合でも、再就職が決まっている人も多いので、再びビジネスマンとして働く人へは、仕事で使う手帳などのビジネスグッズを贈ることもおすすめになります。


退職後に仕事をしない場合は、その人の趣味に合わせたものを贈るようにすればいいでしょう。


退職祝いを贈る時には、品物だけではなくて感謝の気持ちを伝えることがおすすめで、言葉だけではなく、メッセージカードを添えてあげるといいでしょう。


退職祝いに贈る花束やプレゼントの金額

定年退職や退職祝いに贈る花束やプレゼントの金額に関しては、会社の同僚か友人か家族などによって大きく変わってきます。


一般的には、家族以外の場合には5,000円から10,000円程度がいいとされていて、会社で大勢でお金を出し合って一つのプレゼントを贈る場合は、30,000円程度のものを贈れば間違いはないとされています。


家族への退職祝いは、定年を迎えた場合は特別なお祝いになるので、30,000円を超えるプレゼントを贈るケースも多いのですが、やはりお父さんやお母さんにこれまで一生懸命家族のために働いてくれた感謝の気持ちを伝えることが一番のプレゼントになると思います!


 
コンテンツ